満足度100%になるための税理士相談Q&A

遺留分も裁判に掛けられる

裁判に関連する部分もあるので、遺留分の扱いは慎重に考えていくことになります。しっかりと提供する人には提供して、割合に応じて分割していかないと、裁判を起こされてしまいます。裁判で勝つのはかなり難しい傾向がありますので、簡単に勝てるだろうと思っているなら大間違いです。

勝ちづらいように作られている傾向もあるので、遺留分はしっかりと考えておきましょう。相手の人が求めているなら、提供するようにしておかないと駄目なのです。放棄している人なら良いですが、放棄していない人を無視するような考え方は禁物となります。

遺留分はどのような制度なのか

遺言書作成の確認が出来れば、誰にどの財産を相続させるのかを指定することが出来ます。しかし法律上で法廷相続人には最低限生活が出来るだけの財産は相続することが出来るように定められています。この割合は相続人によってことなります。

このような権利が認められるのは、相続は生活保証として認めるという考えがあるのと、遺言者が築き上げた財産には、相続人の力もあってこそという部分があるからです。最低限保証されていて、相続人が主張することが出来る割合が遺留分となり、割合に達していないと遺言書が確認出来ていても無効にすることが出来ます。

遺留分は最低限の生活保証です

遺言書作成の確認が出来た場合、どの財産を誰に相続させるのかは、ある程度指定されています。しかし、法律で定められている法廷相続人は、最低限の生活が送れるように、財産の相続が出来るようにと定められています。

この割合は相続人の立場によって大きくことなりますが、最低限の生活を保証するために割合が決められています。このような割合を遺留分といい、割合を下回っている場合には、遺言書の内容を無効にする手続きを取る事が出来ます。財産は配偶者などの家族と一緒に積み重ねてきたものと認識される為、残された家族が必要最低限の生活が送られるように遺留分は割り当てられています。

遺留分は最低限の保証です

故人の方に子供1人と配偶者がいると、両者共が法定相続人になります。しかし財産を配偶者に全て相続させたい場合には、子供が財産を相続出来ないことになってしまいます。

基本的に財産は、故人の遺言書作成内容によって遺産分割をしていきますが、最低限の割合を法廷相続人は相続出来るように法律で定められています。全財産を配偶者だけに相続させるというのはとても難しいです。

子供も法廷相続人になるので、子供が遺留分の割合を要求すればその分は相続をさせなければいけません。割合は配偶者の方が多くなり、子供は少なくなります。

遺留分権利を無視したものに対して…

遺産を相続するにあったって最も優先させるのはなによりも遺言書です。なぜかというと遺言書作成に関してはすべで故人の意志に基づいて作成されているものだからです。言ってしまえば本人の分身のようなものなのです。

しかし全てこちらが優先されるのかというとそういった訳でもなく、ある一人の人に偏った遺言書である場合には遺留分という権利が発動されます。こちらは遺産を平等に分けるためのもので、自分の権利を主張するための手段として遺留分減殺請求と呼ばれる制度があります。こちらはしっかり自分で手続きをしなければならないのですが、140万円以上か以下かによって大きく異なってきます。

遺留分を考慮して作成しましょう

遺言書作成を行う時には様々なことを考えながら行っていくと思います。誰にどういった遺産を相続してもらおうか…あの人にはお世話になったからこれくらい遺してあげたいなど、たくさんの意志があると思います。

しかし作成する時に忘れてはいけないのが遺留分という制度が残された人たちにはあるということです。こちらがどういった制度なのかと言いますと、遺言書に対して意見できるほぼ唯一の方法なのです。勿論最優先されるということに対して代わりはありませんし、請求できる権利を持っている人も決まっているのですがそれでも全く対抗できないのと制度があるのでは全く変わってきます。

大阪で遺産分割協議、遺留分、遺言書作成、相続手続きの相談なら

大阪弁護士会所属 弁護士たちばな総合法律事務所大阪

〒543-0001 大阪府大阪市天王寺区上本町6-6-26 上六光陽ビル2階

大阪市営地下鉄谷町九丁目駅 徒歩5分

近鉄大阪線大阪上本町駅駅 徒歩3分

受付時間:月~金/9:00~17:00
TEL:06-6770-7212

https://www.law-tachibana.jp/ 【HP】

遺留分関連

メニュー

税理士 遺産相続手続き 遺言書作成 遺留分って 遺産分割協議