満足度100%になるための税理士相談Q&A

遺産分割協議の作成の仕方

遺産の分割協議に全員が納得したら、最後に遺産分割協議書を作成します。これは各々が保管しておかなければなりません。ではその書類はどのように作成するのでしょうか。実は特別な用紙やフォーマットである必要がなく、書類に下記項目を記載していきます。

まずは相続人、次に誰がどのような財産を取得するのか、最後に相続する財産の内容と、その割合などです。また、タイトルは「遺産分割協議書」とします。こちらは参加した人全員が同じ場所にいて作成しなければいけないということではありません。それぞれに回してサインをして、最終的に全員の印鑑もしくはサインがある状態にしておけば大丈夫です。

遺産分割協議書の作成は弁護士に依頼するのが良い

遺産分割に関連する書類については、遺産分割協議書というものを作成します。遺産を分割する方針について記述している書類で、それを残すことで勝手に他の方法で遺産を分割することができなくなります。

書類の作成は、協議をしている人が作成することとなりますが、非常に面倒ですし難しいものです。弁護士を活用している場合には、代理で弁護士の方が遺産分割協議書を作成してくれますので、遺産分割に関連する負担を抑えることができます。作成する担当者になった場合には、弁護士に相談して遺産分割に関連する書類を作ってもらうのもおすすめです。

遺産分割協議書を作るには目的があります

遺産分割協議を作る最大の目的は、トラブルにならないようにする為です。相続人同士で分割協議をしたら、相続人全員の同意が必ず必要となります。少人数の場合は、すぐに集まる事も出来ますし、話しがまとまりやすいですが、人数が増えると集まることも大変ですし、全員が同意するように話しをまとめるのはとても難しいです。

その場で同意しても後から異議申し立てをする人も多いです。そのような時に、あとから異議申し立てをしても無効に出来るように、遺産分割協議書を作っておきます。分割協議書を作成することで、分割協議の内容に全員が同意した証明になるので、異議申し立てを無効に出来ます。

遺産分割協議は穏便な遺産手続きに

遺産手続きで家族や兄弟が仲たがいすることほど、悲しいことなどありません。昨日まで仲が良かったのに、遺産目あてに喧嘩やいさかいが起こることがあるのです。相続手続きは、遺産が多くある裕福な人のためだけにあるのではありません。

どの家庭にも起こりうる問題です。公平な相続手続きをしたという証拠にもなるのが、遺産分割協議です。文書で表されるので、事実がはっきりしていさかいが起こりようもありません。相続については、元気なうちに家族に思いを伝えておくことが大切です。遠方に住んでいる場合はなおのこと、コミュニケーションをよくとっておく必要があります。

遺産分割協議書って特殊なフォーマットがあるの?

遺産分割協議を行うような場合には最終的に協議書を作成して、参加した人全員が1枚ずつ保管しておくのですが、この協議書のフォーマットなどはあるのでしょうか?実はフォーマットや、紙に特に指定はないので何に記載してもいいことになっています。

例えばルーズリーフでもいいですし、家にあった便箋でもOKです。内容もこれを記載しなければならないという項目が書かれていれば特に形式などはありません。書かなければならない項目としては①参加した人②誰がどの財産をもらったのか③協議を行った日付④参加者全員の印鑑です。最後に封筒に入れればそれでOKです。

大阪で遺産分割協議、遺留分、遺言書作成、相続手続きの相談なら

大阪弁護士会所属 弁護士たちばな総合法律事務所大阪

〒543-0001 大阪府大阪市天王寺区上本町6-6-26 上六光陽ビル2階

大阪市営地下鉄谷町九丁目駅 徒歩5分

近鉄大阪線大阪上本町駅駅 徒歩3分

受付時間:月~金/9:00~17:00
TEL:06-6770-7212

https://www.law-tachibana.jp/ 【HP】

遺産分割協議関連

メニュー

税理士 遺産相続手続き 遺言書作成 遺留分って 遺産分割協議