満足度100%になるための税理士相談Q&A

遺留分ってどんな制度なの

遺留分というのはどういった制度なのでしょうか。こちらは故人が遺言書作成を行っていて、そこには「○○さんに全ての財産を譲る」と記載があったとします。しかしそれに対して権利を持っている人たちが「それはおかしい」といって法律で決められている一定の財産分与を請求できる権利のことです。

基本的に遺産相続系に関しては遺言書が残っていればその遺言書が最優先されるのですが、こちらの制度は遺言書第一優先の制度に唯一対抗できる手段です。しかし誰でも請求できるという訳ではなく、権利を持っているのはこの人と、はっきり法律で決まっています。

遺留分は最低限の割合を主張することが出来ます

例えば、故人の方に配偶者と子供が1人居た場合、法定相続人は両者となります。しかしながら配偶者のみに全ての財産を相続させたい場合には、子供が財産を相続出来ないことになります。

基本的には、本人の遺言書作成内容を尊重していきますが、法廷相続人には最低限の割合を相続出来ると保証されていますので、配偶者だけに財産を全て相続させるのはとても難しいです。

子供も法廷相続人になりますので、遺留分として最低限の割合を相続する権利が発生します。子供が遺留分の権利を主張した場合には、必ず最低限の割合を相続させなくてはいけない決まりとなっています。

最低限の割合を保証しているのが遺留分です

子供1人と配偶者が居た場合、法定相続人は両者共となります。しかし財産を全て配偶者のみに相続させたい場合、子供が財産を全く相続することが出来ないことになります。

財産は基本的に、本人の遺言書作成内容で分割していきますが、法廷相続人は最低限の割合を必ず相続することが出来るように決められていますので、財産を配偶者だけに相続させるのは不可能です。

子供も法廷相続人にあたるので、遺留分として生活が最低限送られるように、最低限の割合を相続することが出来る権利があります。子供が遺留分の権利を主張すると、配偶者は最低限の財産を渡さなくてはいけません。

主張をすることで遺留分が確保できます

遺言書作成の有無によって、遺産分割をしていきます。遺言書の存在が確認できた場合、その内容によって相続をしますが、法廷相続人には必ず保証されている遺留分がありますが、権利が侵害されている場合に権利主張をしなくては効果が発揮されません。

侵害された本人が相当額の財産を取り戻すためには、返してもらうように請求しなくてはいけません。請求する方法は、たくさんあり、内容証明郵便と交渉で請求する方法もあれば調停、訴訟などの方法もあります。どの方法が良いのかは、弁護士と相談しながら決めていくことになります。時効もありますので、急いで行動するようにしてください。

全ての財産を一人の人に譲るには遺留分が障害?

もしあなたが誰か一人に自分の財産の全てを残してあげたい、相続させてあげたいと思い遺言書作成をしたとします。基本的に相続においては遺言書が最優先されるのですが、それに唯一対抗できる遺留分という手段があるため、これが障害となって全てを一人の人に相続させるということができなくなっています。

これは、子や配偶者などの規定の法定相続人が、遺言書に則って遺産を相続した人に対して、一定の金額を請求できるという権利です。この制度がある以上、自分の意志でこの人にと残したとしてもその意志が必ず受け継がれると限りませんので注意が必要です。

大阪で遺産分割協議、遺留分、遺言書作成、相続手続きの相談なら

大阪弁護士会所属 弁護士たちばな総合法律事務所大阪

〒543-0001 大阪府大阪市天王寺区上本町6-6-26 上六光陽ビル2階

大阪市営地下鉄谷町九丁目駅 徒歩5分

近鉄大阪線大阪上本町駅駅 徒歩3分

受付時間:月~金/9:00~17:00
TEL:06-6770-7212

https://www.law-tachibana.jp/ 【HP】

遺留分関連

メニュー

税理士 遺産相続手続き 遺言書作成 遺留分って 遺産分割協議