満足度100%になるための税理士相談Q&A

新制度で簡略化された遺産相続手続き

遺産相続手続きに関する新制度が考案されたおかげで、手続きが簡素化されました。今までの手続きでは、遺産を誰が相続する相続人なのかを決めるために、被相続人が生まれたときから亡くなるまでの間の戸籍謄本と、相続人全員の戸籍謄本を揃える必要があります。

お互いが遠方に暮らしていれば、揃えるのにそれだけ時間がかかりますし、必要も少なからずかかります。新制度では、法務局で書類一式を保管して無料で必要な分の写しを発行してもらえます。写しがあれば、各種手続きに利用することができ手間もかかりません。今までよりスピーディに進められるのも、大きなメリットです。

遺産相続手続きは細かく期限が区切られています

相続は親が亡くなった時に絶対経験することになる手続きとなります。この手続きは人生の中で、そんなに体験することではないです。そのため実際に遺産相続手続きをする場合、どの手続きからすればよいのか、どういった行動を取るのが良いのかなどわからない事だらけだと思います。

手続きのほとんどが、細かく期限が決められているので、順序をと決めて手際よく手続きを進めていかないと間に合わない可能性もあります。期限内に終わらせないと、相続が上手く出来ないこともあるので注意が必要です。遺産相続手続きに対してあまり詳しく無い方は、弁護士などの専門家を利用することで簡単に手続きを完了させることが出来ます。

細かく期限が設けられている遺産相続手続きです

相続は必ず両親親が亡くなった場合に行う手続きです。この手続きはあまり経験することがないので、しっかりとルールなどを理解できている人はほとんどいません。

そのため実際に遺産相続手続きを開始する場合に、どこから手をつければ良いのか、どんな行動を取らなくてはいけないのか、わからない人がほとんどです。

しかも手続きのほとんどが、期限を細かく設定されているので、順序良く手続きを完了させなければ間に合わないこともあります。期限内に手続きを終わらなければ、相続トラブルに発展することもありますので、あまりルールを理解できていない方は弁護士などを利用するようにしてください。

とても多くの種類がある遺産相続手続きです

遺産相続手続きを簡単に考えている方が多く、親族が集まった時に決めて、1週間もあれば手続きを完了できると思っている方がとても多いです。実際は死亡後や葬儀後などにも多くの手続きをしなくてはいけません。そしてほとんどの手続きに期限が決められています。

全ての手続きを期限内に完了させないと、相続トラブルに発展する可能性もあります。相続トラブルに発展させない為にも、遺産相続手続きが発生したら速やかに行動し、全ての手続きを期限内に完了させるようにしてください。手続き方法についてあまり理解できていない方は弁護士を利用するようにしてください。

遺産相続手続きって誰が先頭にたってやるの?

遺産相続手続きといっても沢山のやることがあるのですが、それらを誰が先頭にたって手続きを進めていった方がいいのでしょうか?分担してそれぞれの手続きを行うにしても誰がどの手続きを行うのかをそれぞれ振り分けなければならないのでやはりリーダーが必要です。

通常は一番近い配偶者の方が行いますが、すでに配偶者がいない場合には長子が行うのが一般的です。ただし誰でないと絶対にダメ!というわけではないので親族同士で話し合って、私がやりたいという人がいるのであれば、その人に任せてしまっても大丈夫です。誰かに負担がかかりすぎないようにしましょう。

大阪で遺産分割協議、遺留分、遺言書作成、相続手続きの相談なら

大阪弁護士会所属 弁護士たちばな総合法律事務所大阪

〒543-0001 大阪府大阪市天王寺区上本町6-6-26 上六光陽ビル2階

大阪市営地下鉄谷町九丁目駅 徒歩5分

近鉄大阪線大阪上本町駅駅 徒歩3分

受付時間:月~金/9:00~17:00
TEL:06-6770-7212

https://www.law-tachibana.jp/ 【HP】

遺産相続手続き関連

メニュー

税理士 遺産相続手続き 遺言書作成 遺留分って 遺産分割協議