満足度100%になるための税理士相談Q&A

遺産分割協議が必要になるケースもあります

相続が発生したからと言って、必ず遺産分割協議をしなくてはいけないわけではありません。分割協議を行うのは、遺産相続を相続人同士で行った場合のみです。分割協議が必要になるケースは遺言がない場合です。

遺言によって、誰がどの遺産を相続するのかを明確に記載されていて全員が納得すればそのまま遺産分割をすれば良いですが、遺言書が無い場合には、想定相続人が話し合い遺産分割協議を行い、遺産分割をしていく必要があります。その場合には分割協議書を作成し、後からトラブルに発展するのを防ぐ必要があります。作成後弁護士などにチェックしてもらうようにしてください。

もし遺産分割協議に納得がいかなかったら

もし相続人の間で行った遺産分割協議に納得がいかなかったような場合には、遺産分割調停をいうものを行うことができます。相続権利のある人が裁判官・調停委員に対して「自分はこれくらいこの財産をもらうことができるはずだ」ということを主張し、その主張に対して裁判官などが判決を出していくものです。

やはり間に裁判官や調停委員が入ってくるため、親族間だけで進んでいく協議よりもスムーズに進むことが多いです。また他の相続人の人と顔を合わせながら話し合いをするのはちょっとという場合でも、最初と最後以外では顔を合わせることもないので安心です。

遺産分割協議の疑問は専門家に

相続手続きについては、多くの人がいつかは経験することでありながら、実際に経験する段になるとなかなか理解することが難しいと感じてしまうようです。手続きをする時に公平に話を進めたいなら、遺産分割協議をおこなうと確実です。

相続人同士で話し合って分配額などを決定することができるので、誰もが納得する相続金を得られます。協議の内容に疑問があれば、弁護士などの専門家に依頼すると手続きがスムーズに進められますし、話し合いの最中にもめごとが起きる心配もなくなります。また、不慣れな方が多い場合は専門家に仕切ってもらうこともできます。

納得できる相続手続きに必須な遺産分割協議

遺産相続は、遺産が多い富裕層だけがおこなうものではなく、多くの人が経験するものです。第3者が見ても公平な遺産分割をしたと証明したいなら、遺産分割協議をおこなうことが一番です。法律に従っておこなうので、誰もが納得できる手続きが進められます。

協議で済まなければ、家庭裁判所に舞台を移し審議してもらうことになります。昨日まで仲が良かった兄弟や家族が、遺産分割で険悪になることがあります。これは、ドラマだけの話ではありません。まずは元気なうちに、家族で自分達の思いを伝え合うことが必要です。いつかできると思っていて、結局話し合えなかったのでは、元も子もありません。

遺産分割協議ってどういう協議のことなの?

遺産分割協議ってどういったことを指すのでしょうか?例えば遺言書が残っている状態で親族が亡くなった場合にはその人の財産などについては全てその遺言に基づいて分割されます。しかし全ての人が自分の今後のことを考えて遺言書を残していると限りません。

遺言書が残されていない場合には誰がどのようにして残っている財産を分ければいいのか迷ってしまうと思いますし、誰かが一人で決めたのでは絶対に不平不満がでます。誰がどの財産をどれくらいもらっていくのかを話し合うことを遺産分割協議と言います。基本的にこちらの協議は権利を持っている人は参加しなければなりません。

大阪で遺産分割協議、遺留分、遺言書作成、相続手続きの相談なら

大阪弁護士会所属 弁護士たちばな総合法律事務所大阪

〒543-0001 大阪府大阪市天王寺区上本町6-6-26 上六光陽ビル2階

大阪市営地下鉄谷町九丁目駅 徒歩5分

近鉄大阪線大阪上本町駅駅 徒歩3分

受付時間:月~金/9:00~17:00
TEL:06-6770-7212

https://www.law-tachibana.jp/ 【HP】

遺産分割協議関連

メニュー

税理士 遺産相続手続き 遺言書作成 遺留分って 遺産分割協議