満足度100%になるための税理士相談Q&A

厳しい遺留分の金額もある

あまり遺産がない場合には、現金を分割する際に思ったほどの金額にならない場合もあります。厳しい部分もありますので、結果的に相当苦しい状況となる場合もあります。特に受け取れる金額が相当小さくなる人は、遺留分を提供してもらってもあまり多くの金額になりません。

これでも我慢していくこととなりますから、仕方ないと思ってください。設定されている問題により、残されている金額が小さければ小さいほど、受け取れる金額が減ってしまうのです。大きな金額を受けたいと思っている人にとっては、少しがっかりする部分が生まれるかもしれません。

主張することが出来る割合が遺留分です

例えば、配偶者と子供が1人の場合には、両者とも法定相続人となります。しかし配偶者だけに全ての財産を相続させようとすると、子供に財産が相続されないことになります。法律上は、本人の遺言書作成内容を尊重するようになってはいますが、法廷相続人に最低限の割合が保証されています。

そのため、このような場合には配偶者だけに相続されることが難しく、子供にも必ず法律で定められた割合分を相続させなければいけないと決まっています。これらの最低限の割合が保証されていることを遺留分といい、相続することが出来るように主張をすることが出来ます。

遺留分請求は時効に注意しましょう

指定相続人が最低限の保証を受けることが出来る権利を遺留分と言います。この権利が侵害されている場合には、権利を主張すると取り戻すことが出来ます。しかしこの権利には時効が存在します。それは侵害されていると分かってから1年か相続を開始してから10年です。

ほとんどの方は、遺言書作成をしていますので、亡くなった時点で相続割合をわかっていることになりますので、亡くなってから1年と考えていた方が良いです。1年しかないので、権利が侵害されている場合は、速やかに行動に移し時効に注意し、権利を主張しなくてはいけません。

遺留分はどういった時に適用されるの?

折角個人が遺言書作成を行っていたのにも関わらず、なぜ遺留分という制度が適用されるということがあるのでしょうか?まず適用される時なのですが大体の場合が一人の人に遺産を全て譲るといった遺言書になっていた場合です。

もし自分が残された奥さんや子供だったらどのように思うのでしょうか?しかも譲る相手が愛人だったりしたら・・・とてもじゃありませんが納得いかないですよね?

これで愛人の方が面倒を見ていたというのであれば話は別ですが、自分達が最後まで面倒を見たのに一つも残してもらえないというのは当然不満が出ます。そういった不満や、理不尽を解消されるためにあるのです。

遺留分を無視した遺言書ってどうなるの?

遺言書作成を行う際に、故人が遺留分を無視した内容にしていたらその遺言書はどうなるのでしょうか?基本的に遺言書は最優先されるものですので、なかったことにはなりません。その内容も綱領した上で、自分で遺留分減殺請求と呼ばれる手続きをしなければなりません。

こちらの手続きを行うことで自分が本来相続できるはずの遺産をもらうことができます。請求金額が140万円いかの場合は簡易裁判所、140万円以上の場合には地方裁判所での調停が必要になります。また裁判になってしまった場合には弁護士への依頼等も必要になってきます。

大阪で遺産分割協議、遺留分、遺言書作成、相続手続きの相談なら

大阪弁護士会所属 弁護士たちばな総合法律事務所大阪

〒543-0001 大阪府大阪市天王寺区上本町6-6-26 上六光陽ビル2階

大阪市営地下鉄谷町九丁目駅 徒歩5分

近鉄大阪線大阪上本町駅駅 徒歩3分

受付時間:月~金/9:00~17:00
TEL:06-6770-7212

https://www.law-tachibana.jp/ 【HP】

遺留分関連

メニュー

税理士 遺産相続手続き 遺言書作成 遺留分って 遺産分割協議