満足度100%になるための税理士相談Q&A

遺言書作成の場合には遺留分に注意

ここ最近においてはライフスタイルの変化によって、遺言書作成にチャレンジするような人も増えてきているようです。こうした遺言書の内容に関しては、ライフステージが上がるたびに変わっていきますので、そのことに伴って更新していく必要があります。

そうしたことから、つねに遺言書の内容と向き合えることがあげられます。しかしながら、なかには遺留分や遺言書の方式などを間違えてしまって、遺言書が無効になってしまうようなこともあります。遺言書を作成していくにあたっては、そうしたことも念頭に置いて遺言書を作成していく必要があるでしょう。

遺言書作成は遺留分のトラブルまで考慮することが大切

遺言書作成で記された内容がおかしいと感じたとき、減殺請求を行うことができます。当事者間で話がまとまらない場合は、裁判に発展することもあります。相続する遺産については、遺留分を反映して分けられることが基本とされていますが、遺言書がある場合には記述内容が優先されることになり、記された内容によっては遺産を受け取れない人が出てきます。

そのため、遺留分の相続を希望するならば、訴訟を起こして相続の権利を主張することが必要となるのです。遺言書のトラブルが起こらないように、各方面に配慮して遺言書の内容を決めることも重要となります。

遺言書作成がされてなかった場合の遺留分

遺産を持っている人が急に亡くなってしまい、遺言書作成がされてないという場合があります。遺言書がない状態で、子どもや配偶者にとって遺留分が受け取れない形で分割されてしまったとしたら、本来の遺産分割の方針から外れていることとなりますし、遺産の分配方法を話し合う遺産分割協議の中でも、大きな問題になります。

そのため、相続する対象の人たちが遺留分の存在を知っていることが大切になりますし、協議を行う上でも、それを考慮した内容で話し合うことが必要になります。納得できない内容であれば、弁護士に相談することで、解決させることが可能です。

大阪で遺産分割協議、遺留分、遺言書作成、相続手続きの相談なら

大阪弁護士会所属 弁護士たちばな総合法律事務所大阪

〒543-0001 大阪府大阪市天王寺区上本町6-6-26 上六光陽ビル2階

大阪市営地下鉄谷町九丁目駅 徒歩5分

近鉄大阪線大阪上本町駅駅 徒歩3分

受付時間:月~金/9:00~17:00
TEL:06-6770-7212

https://www.law-tachibana.jp/ 【HP】

遺言書作成関連

メニュー

税理士 遺産相続手続き 遺言書作成 遺留分って 遺産分割協議