満足度100%になるための税理士相談Q&A

遺留分は大きな金額ほど立場が上

遺留分の金額は、そのまま立場を現している状況となっています。立場の小さい人には、あまり支払いを行わないようにしていますし、その人と関わりが深い状況となっているなら、分割して貰える金額が相当大きなものとなっているのです。

かなり大きな金額を受け取っているなら、遺産を多く得られるメリットもあるでしょう。当然金額的には高くなっているのですから、残っている金額についても受け取れる可能性があります。遺留分によって最小限の分割ができるようになっているなら、余った金額は立場の上から受け取るようにして、分散する方法も取られるのです。

遺留分減殺請求で自分の権利を主張しよう

故人のおこなった遺言書作成の結果、自分にはなにも相続するものがなかったといった場合でもきちんと確認しておかなければならないことがあります。それは自分が遺留分減殺請求できる権利を持っているのかいないのかということです。

もし権利を持っている立場であれば実は遺言書に基づいて、遺産をもらった人に対してある一定の金額を請求できることになっています。こちらの制度は自分が請求できる権利を持っているとわかってから1年以内、もし知らなかったとしたら10年以内であれば請求をかけることができます。自分の権利を正当に請求できる権利です。

もし自分の権利が侵害されていたら遺留分減殺請求

自分が受けとることができるはずの遺産が知らない間に侵害されていたという場合にはどういった方法を撮ればそのお金を取り戻すことができるのでしょうか?何かいい手はあるのでしょうか?

もしそれが故人遺言書作成をした結果だったとしてもある一定の金額は遺留分減殺請求という方法で、請求をすることができます。こちらは権利が侵害しているとわかってから1年以内に行う必要がありますので、もし判明したのであれば早いうちから手続きを始めてしまいましょう。自分で請求することも勿論できますが、弁護士や行政書士に依頼した方がいいです。

遺留分権利を放棄させることができるのか?

なぜ一人の人に全ての財産を譲り渡そうとする遺言書作成が起きてしまうのでしょうか?その理由は人それぞれだと思うのですが、大きな理由から挙げていくとすればまず相続できるものが不動産しかない場合、こちらは分配するのが非常に難しくなっているのでいっそ問題にならないように、一人の人に譲ってしまおうという人が多いようです。

また生前その人にとてもお世話になったのでぜひ相続してほしいというパターンもあるようです。そのため、こういった相続に関して邪魔になってくる遺留分の権利をこちらで破棄できるのであれば、破棄してしまいたいという気持ちもわかるのですが、受ける人の権利なので譲る側ではどうしようもないです。

遺留分は残された家族が幸福であるために

高齢化社会が本格的に進む中、残された家族が経済的に困窮するケースが増えています。遺言書作成で内容がいかなるものでも、遺留分があり配偶者、家を継ぐ子供、直系卑属は保障されている部分もあります。

けれども、生前贈与があった場合は遺産とみなされるのが現状です。これを打開するために、法制審議会が改善策を審議しています。現行法では、婚姻期間の長短に関わらず法定相続分は一定です。そのため、20年以上の婚姻期間などと長期の場合、被相続人が得た財産に配偶者が大きく貢献しているようなら相続分を増やそうと議論されています。

大阪で遺産分割協議、遺留分、遺言書作成、相続手続きの相談なら

大阪弁護士会所属 弁護士たちばな総合法律事務所大阪

〒543-0001 大阪府大阪市天王寺区上本町6-6-26 上六光陽ビル2階

大阪市営地下鉄谷町九丁目駅 徒歩5分

近鉄大阪線大阪上本町駅駅 徒歩3分

受付時間:月~金/9:00~17:00
TEL:06-6770-7212

https://www.law-tachibana.jp/ 【HP】

遺留分関連

メニュー

税理士 遺産相続手続き 遺言書作成 遺留分って 遺産分割協議