満足度100%になるための税理士相談Q&A

遺産分割協議書で登記を

遺産相続にあたっては、法律に従った遺言書があると明確に被相談人の思いを伝えることができます。遺言書がない場合には、相続人同士で話し合った上で遺産分割協議書を作成します。

書面には、相続人ごとに何をどれだけ相続するか明確に記載します。署名の上、実印を押すことも忘れてはなりません。全ての遺産がもれなく誰かに帰属するように記載する必要があります。農地などの土地の相続については、全部の地番を登記簿通りに記載しなければなりません。正式な書面は、所有権移転登記をする時に添付書類として提出します。疑問は、弁護士に訊ねるといいでしょう。

相続人が集まる遺産分割協議

親族でそれまで仲良くやっていたにも関わらず、遺産相続においてうまくいかなくなったようなケースもあるようです。そのような場合においては相続の手続きに関しても、時間がかかってしまうようなことが言われています。

遺産分割協議は自分たちだけで進めることもできますが、そうしたなかでトラブルになってしまうような可能性も秘めています。できる限りそのような事態を避けたいようであれば、遺産相続を得意にしている弁護士や専門家などにまずは相談をするべきでしょう。さまざまな機関が無料で相談できますので、気軽に相談することができるでしょう。

遺産分割協議には何が必要なの?

遺産分割協議を進めていくには一体なにが必要なのでしょうか?もし必要なものがあるのでしたら相続権利がある人でそれらをうまく分担して集める必要がありますよね。実は絶対にこの書類がなければだめだというものは特にありません。

ただしあった方がスムーズに話が進んでいくという書類があり、大きく分けると2種類あります。相続人をはっきりさせるための書類と、財産に関する書類です。一番問題になってくるのが「誰が相続する人に当たるのか」ということと、「一体どのような財産を引き継ぐことができるのか」という点になります。これらをはっきりさせるための書類があればばっちりです。

相続人同士でおこなう遺産分割協議

故人が亡くなってしまった際におこなうこととして、遺産の相続をあげることができます。遺産の内容に関しては故人が所有していたお金や土地など、さまざまな内容が含まれることとなります。

こうした遺産相続に慣れていないような相続人においては、対応するだけでも精一杯になってしまうことがあげられます。遺産分割協議では、そのような遺産の内容に関して話し合いをされていますので、さまざまなことが話し合いされることでしょう。万が一、不安を感じるようであれば、相続を得意にしているような専門家や法律家に相談をおこなうことをおすすめします。

遺産分割協議をする時にあると便利なもの

遺産分割協議は専門家を間に挟んだり、特別なものが必要であったりということがないのですが、一つあった方が、話し合いがスムーズに進んでいくものがあります。それが「財産目録」と呼ばれるもので、こちらがどういった書類なのかといいますと、相続できる遺産が、何がどれくらいあるのかを記されているものです。

こちらがあればそれを見ながら「これが自分は相続したい」「この不動産は誰がどのようにして引き継ぐか」「銀行の口座はどうするのか」といった話合いができるので、何も見ないよりはスムーズに話が進んでいきます。自分たちで簡単に作ることができますので先に作ってしまうといいでしょう。

大阪で遺産分割協議、遺留分、遺言書作成、相続手続きの相談なら

大阪弁護士会所属 弁護士たちばな総合法律事務所大阪

〒543-0001 大阪府大阪市天王寺区上本町6-6-26 上六光陽ビル2階

大阪市営地下鉄谷町九丁目駅 徒歩5分

近鉄大阪線大阪上本町駅駅 徒歩3分

受付時間:月~金/9:00~17:00
TEL:06-6770-7212

https://www.law-tachibana.jp/ 【HP】

遺産分割協議関連

メニュー

税理士 遺産相続手続き 遺言書作成 遺留分って 遺産分割協議