満足度100%になるための税理士相談Q&A

遺留分に注意して遺言書を作成する

遺言書作成をする時に気を付かなければならないのが遺留分と呼ばれる制度があるということです。こちらがどういった制度なのかと言いますと、最低限の相続をキープするための制度です。

もしあなたが「愛人の○○さんに全ての財産を譲る」と言ったとしても、その遺言書が原因で帰ってトラブルが起きてしまうかもしれません。誰か一人、自分でお世話になった人に譲りたいという気持ちはよくわかりますが、それが原因で親族間の仲が悪くなってしまっては残った人たちに幸せになってもらいたいという願いと真逆の事態になってしまいます。そういったことにならないように偏った分配は避けるようにしましょう。

遺言書を作成する上で抑えたい遺留分

さまざまなライフスタイルが言われるようになった現代においては、お金持ちの人に関わらず遺言書を作成するケースが増えているようです。そうしたなかでより良い遺産相続をするために、遺言書の作成は必要不可欠であることがあげられるでしょう。

遺言書作成を自分で作成するにあたっては、記載のミスや遺留分に関しては十分に注意しなければいけません。これまでにおいてもさまざまな遺言書において、そのような記載のミスや遺留分などがあり、無効になっているようなケースがあるようです。せっかく作成したものでありますので、注意事項に気をつけて作成していくことが望ましいことでしょう。

遺言書作成で大切な方に送るラストレター

あなたが亡くなった時、あなたの大切な方は深い悲しみに包まれるでしょう。そして葬儀の手配、知人への連絡など慌ただしく、慣れない段取りに戸惑うことも多いでしょう。希望の葬儀スタイルが決まっている場合や、連絡してほしい方をまとめて書き記しておくと、残された方への優しさに繋がります。

お金や財産の相続についても希望があれば記せますが、争いの火種になる可能性もありますので、自分の気持ちと受け取る側の気持ちのすり合わせを大切にしましょう。遺言書作成が難しい場合は行政書士に依頼することも可能です。あなたからのラストレターで大切な方が生前の幸せな記憶や喜びと感謝の気持ちを受け取れることが大事になります。

これから遺言書作成する方へ

生きている限り、人の不幸は避けては通れないことです。親族の死後、各種手続きで慌ただしい日々を送ることでしょう。相続財産の手続きがその中で厄介な手続きだと思います。相続のトラブルを回避するために遺言書作成は必須です。

遺言書を作成していない場合は、民法に基づいて法廷相続人にそれぞれ決められた相続財産が与えられます。ただし、相続人以外の特定の人に遺贈したい場合や財産を相続させたくない相続人がいる場合は遺言書作成が必要になります。遺言書は1人で作成することになりますが、独りよがりの遺言書を作成すると相続時に争い事が発生し、トラブルを招くことになるのでよく考えて作成しましょう。

遺言書作成 をした方がいい人について

遺言書作成 は、まだ元気なのに死んだ後のことを考えるなんて、と嫌がる人も多いですが、自分の死後、何も意思表示がなければ、財産は好きなように分配や処分され、自分の思っていた分配とかけ離れた相続になるかもしれません。

それを避けるためにも遺言書は大事なものなのです。特に、複数の子供がいるけれど、事業を1人の子供に継がせたい人、子供や両親がいないため、法的には兄弟も相続人になるけれど、妻に全財産を残したい人、相続人以外の、愛人や内縁の妻、非嫡出子にも財産を残したい人、介護をしてくれた子供に手厚く財産を分配したい人、財産の一部を寄付したい人等特別な事情がある人は、必ず遺言書作成をしておくべきです。

大阪で遺産分割協議、遺留分、遺言書作成、相続手続きの相談なら

大阪弁護士会所属 弁護士たちばな総合法律事務所大阪

〒543-0001 大阪府大阪市天王寺区上本町6-6-26 上六光陽ビル2階

大阪市営地下鉄谷町九丁目駅 徒歩5分

近鉄大阪線大阪上本町駅駅 徒歩3分

受付時間:月~金/9:00~17:00
TEL:06-6770-7212

https://www.law-tachibana.jp/ 【HP】

遺言書作成関連

メニュー

税理士 遺産相続手続き 遺言書作成 遺留分って 遺産分割協議