満足度100%になるための税理士相談Q&A

忘れてはいけない遺留分

遺留分は法定相続人に定められた相続人が、受け取ることのできる保証された遺産のことを言います。被相続人が亡くなってしまうことによって、遺言書が開示されることとなります。遺言書の内容が正確であれば良いのですが、なかには内容の誤りや不十分なケースもあります。

そうなってしまわないように特に遺留分などの部分はしっかりと、チェックをおこなうことができます。万が一、内容が間違っているようであれば、法定相続人が請求を起こすことで正当な遺産を受け取ることも可能になります。請求に関しては法定相続人に委ねられますが、受け取りたいのであれば、弁護士などに相談をおこなうと良いでしょう。

遺留分は気になる情報もある

気になる情報が多くなっていることも、遺留分の難しさに影響しています。最近では、支払いがしっかり行われていないことで、裁判を起こされているなどの情報も出ています。裁判に関連している項目は、非常に厄介なものと判断されていますから、できることなら遺留分でも起こされないように調整したいものです。

多くの人が受け取る権利を持っているわけですから、権利を喪失させるような状況を作らないように、しっかり相談を行ってください。間違っている判断を勝手に行ってしまうと、最終的には相当な負担となり、裁判で厳しい判断も行われます。

遺留分が侵されていたら主張しましょう

遺産分割は、遺言書作成の有無によって大きく異なりますが、遺言書の内容が確認できた場合、内容によって遺産分割をしていきます。法廷相続人の場合には、必ず保証されているのが遺留分です。

侵害されている場合には、主張をしなくては効果がありません。侵害された本人が取り戻すために、相当額の財産を返してもらうように請求することができます。請求する方法は、さまざまな方法で内容証明郵便と交渉で請求する方法や、調停、訴訟など、ありとあらゆる方法を駆使しながら、遺留分を請求することができます。ただし、請求には時効がありますので、早めの行動を心がけてください。

遺留分は時効があります

遺留分は指定相続人が必ず受け取ることが出来る相続の事が出来る権利ですが、侵害されている場合には権利を主張することで、返してもらうことが出来ます。しかし権利を主張するのに時効が存在します。

それは遺留分を侵害されていると分かってから1年か相続を開始してから10年です。多くの場合は、遺言書作成をしていることが多いので、亡くなった時点で相続割合をしることになるので、亡くなってから1年以内と思っていた方が良いです。そのため、権利が侵害されている場合にはすぐに行動を取るようにしてください。時効が過ぎると効果が全くありません。

遺留分に気をつけて遺言書を作成しよう

自由に生きている人の中には老後以降のことを考えている人や、不安になっている人も多いかと思います。そのような人においては、万が一の際に備えて遺言書作成をすることをおすすめします。遺言書を作成するにあたっては、分かりやすい遺言書作成キットや本などを参考にして記載することができます。

自分だけで作成するにあたっては、遺言書の方式や遺留分などに十分に注意して、正しい遺言書を作成するようにしましょう。不安であれば、弁護士などに作成方法を相談するのもおすすめです。遺言書を残すことで、残された家族も助かることでしょう。

遺留分に注意し遺言書作成をしてください

遺言書作成をする場合には、遺留分に注意しながら内容を考えるようにしてください。遺言書の内容は基本的には自由となっているので、遺言書の中身に従って遺産分割をしていきます。しかし、全財産を誰かに独占してしまうと、残された家族が生活できなくなってしまう恐れがあります。

配偶者や子どもがある程度の財産を相続できるように、遺留分という権利があります。この権利は必ず守らなければなりませんので、いくら遺言書が書かれていたとしても、権利を無視したような内容の場合には、遺言書が無効となってしまいます。その点に注意しながら、遺言書作成をしてください。

遺留分を無効にする遺言書は作成できるの?

基本的に相続に関しては遺言書が最優先されるのですが、その遺言書に唯一意見できるのが遺留分という制度で、こちらはある一定の親族が、ある一定の金額を正当にもらうための制度です。

こちらを使用することによって、本来遺言書に書かれていなかった人が遺産を受けとることができます。ではこちらを無効かできるような遺言書作成を行うことが可能なのでしょうか?実はそちらはできません。なぜかというとこの制度は相続する側の権利ではなく、遺産をもらう側の権利だからです。残す側からそれを干渉することができません。ただし何年以内はしないことという縛りをすけることが可能です。

大阪で遺産分割協議、遺留分、遺言書作成、相続手続きの相談なら

大阪弁護士会所属 弁護士たちばな総合法律事務所大阪

〒543-0001 大阪府大阪市天王寺区上本町6-6-26 上六光陽ビル2階

大阪市営地下鉄谷町九丁目駅 徒歩5分

近鉄大阪線大阪上本町駅駅 徒歩3分

受付時間:月~金/9:00~17:00
TEL:06-6770-7212

https://www.law-tachibana.jp/ 【HP】

遺留分関連

メニュー

税理士 遺産相続手続き 遺言書作成 遺留分って 遺産分割協議