満足度100%になるための税理士相談Q&A

遺産相続手続きと相続登記について

遺産相続手続きの中でも難しいのが税に関することと、不動産関連の手続きです。どちらも専門的な知識を必要としますし、書類などにも専門用語が多いので、読んでいるだけで疲れてしまうのです。しかしもし不動産を相続するのであれば相続登記については後回しにせずに早め早めに行った方がいいです。

なぜかと言いますと、不動産に関してはしないままどんどん相続されていくと、そのたびに次世代の手続きが必要になってくるためです。相続した人が増えれば増えるほどそれだけ手続きがどんどん煩雑になっていきます。後の世代のためにも自分の代でなんとかするようにしましょう。

民法で細かく決められている遺産相続手続きです

被相続人が亡くなった瞬間に相続が開始します。相続に関しては民法で規定があって、とても細かく分類されています。実際には、被相続人や相続人の意見が重要視されることが多いです。そのため、遺言書の有無や遺産分割協議などをすることで手続きの内容が変わってきます。

どの手続きについても期限が決められているので、すぐに行動を取らないと間に合わなくなってしまうこともありますので、相続が発生した場合にはすぐに行動をし、遺産相続手続きを完了させてください。手続きが初めての方が多いともいますので、そんな時は弁護士を利用するのが良いです。

たくさんの種類があるのが遺産相続手続きです

遺産相続手続きは簡単に終わらせることが出来ると思っている方が多いです。親族が集まった時に話し合いをして、1週間程度で手続きを完了することができると考えている方が多いです。実際は死亡後、そして葬儀後にも、さまざまな手続きがあります。

そして手続きのほとんどは、期限が設けられているのです。期限内に手続きを完了させられないと、相続トラブルに発展する可能性もあります。相続トラブルに巻き込まれないためにも、遺産相続手続きが発生した場合には速やかに行動し、手続きを期限内に完了させてください。手続き方法などのわからない部分は、弁護士を利用しましょう。

民法によって遺産相続手続きは決められています

相続は、被相続人が亡くなった時から始まっています。周囲に相続に関して詳しい方があまりいないかもしれませんが、民法で細かい規定があります。実際は、被相続人や相続人の意見を反映することが多いです。遺言書の有無や遺産分割協議を行うことで手続き内容に違いが生まれます。

手続きには期限が設けられているものがほとんどですから、間に合わなくなる前に速やかに始めることが大切です。相続が発生したらすぐに遺産相続手続きを開始し、手続きの内容が理解できない場合には、弁護士などを利用し手続きを完了させてください。とても頼りになる存在です。

遺産相続手続きをする際にあると便利

遺産相続手続きをする際にあると便利なのが、財産目録です。遺言書があった場合にも遺言書の中に記載されている遺産と、実際に残されているものが全て合致するのかどうかを判断することができますし、万が一遺言書がなかったとして遺産分割協議をする際に、一目でどういった財産があるのかを判断することができるのでとても便利なのです。

特に不動産関係の遺産があったり、口座がいくつにも分かれているようですと中々全てを把握しきるのは難しいので誰が見てもわかるようにしておくのは後からのトラブルも少なくすることができます。途中で万が一弁護士さんを挟まなくてはいけなくなった時にもスムーズです。

大阪で遺産分割協議、遺留分、遺言書作成、相続手続きの相談なら

大阪弁護士会所属 弁護士たちばな総合法律事務所大阪

〒543-0001 大阪府大阪市天王寺区上本町6-6-26 上六光陽ビル2階

大阪市営地下鉄谷町九丁目駅 徒歩5分

近鉄大阪線大阪上本町駅駅 徒歩3分

受付時間:月~金/9:00~17:00
TEL:06-6770-7212

https://www.law-tachibana.jp/ 【HP】

遺産相続手続き関連

メニュー

税理士 遺産相続手続き 遺言書作成 遺留分って 遺産分割協議