満足度100%になるための税理士相談Q&A

満足度100%になるための税理士へ依頼しましょう

これから起業を検討されている方や、既に会社を経営している方に取って、税務署への提出書類などの業務は、自身の業務に加えて自身で行うとかなりの負担となってきてしまいます。

自身で行うことも可能ではありますが、専門の税理士へ依頼することで、業務の軽減にもなり、大変便利です。

ですが、同じ依頼するのであれば、満足度の高い税理士へ依頼したいのではないでしょうか?

税理士になろう

税理士になろうと思えば、国家資格に合格する必要があります。
税理士は主に会社の税を扱う仕事です。会社の扱う税金は利益に関係しており、金額が非常に大きくなります。

また、企業にかかる税金には、あらゆる法律が複雑に絡み合っていて、税理士の資格を持った人しか行えない業務もあります。

その業務を税理士事務所に依頼する会社もありますが、大手企業などの場合は社内に税理士を雇っている会社もあります。

企業にとって、税理士とは欠かす事のできない重要な役目を担っています。

ありがたい存在の税理士

企業は通常の業務を行なっていて忙しい中、納税も行なわないといけません。しかし、納税は間違う事ができないので、きちんと行なわないといけません。

忙しい時に税金の処理を行なうのは大変です。納税は時にかなりの手間ひまが必要になる事もあります。そのため、納税に関する業務を税理士にお任せしているという会社も少なくありません。

企業の納税は時として知識が必要になる事もあります。知識のない社員がすると手に負えない事もあるそうです。そういう企業にとって税理士はありがたい存在と言えるでしょう。

税理士に依頼する場合

税理士は会社にとってはマストとも言えるほど欠かせない存在であると言えるでしょう。多くの会社では税金に対する知識が十分で無い事が多く、またできるだけ支払う税金を安くしたいと考える人も多いため専門家である税理士に依頼する事が多いようです。

税理士はきっとあなたの会社にとって有益なアドバイスをしてくれる事でしょう。
また、税理士に依頼する場合は顧問などを利用していると定期的に企業を訪問するため、会社の事情を知ることができ、すばやく的確な判断をしてくれることでしょう。

遺留分の内容について

遺留分と聞いてあまり知られないような人も多いかも知れません。遺産相続の場面に使用される言葉になりますので、普段使われるような事はないのです。遺留分は法定相続人が受け取ることができる遺産の内容になります。

特定のだれかに遺言書によって遺産がいかないような防ぐ仕組みになっています。しかしながら、稀にこの制度が考慮されていないケースがありますので、そうした際には法定相続人は請求を起こすことで、正当な慰謝料を受け取ることが可能になります。法的な内容が絡んできますので、弁護士に相談をおこなうようにしましょう。

遺留分が認められる範囲について

相続は、原則としては法定相続よりも遺言が優先されますが、場合によっては家族へは財産を渡さないという記述されることもあります。そうすると個人の葬儀や各種手続きなどで費用がかかる家族としては、非常に困ってしまいます。

それを防ぐため、最低限の相続ができるように遺留分が民法で定められているのです。認められる範囲は、配偶者、子と孫の直系卑属、父や母の直系尊属だけです。その他の親族や死亡した方の兄弟姉妹は受け取る権利はありません。ただし、法定相続人として相続順位が決まっているため、場合によっては例外もあります。自分の築いた財産を確実に渡したい相手がいる場合には、遺言書作成の重要性が増すことになります。

遺留分制度を上手に活用

さまざまな形の金銭トラブルがありますが、遺産相続に関するトラブルもその代表的な一つです。相続人同士でトラブルにならないよう作成する遺言書ですが、相続人のことを気にも留めない遺言書を作成する人も少なからずいます。

法定相続人以外に財産を多く譲る旨を記した遺言書作成をする方もいて、そのような場合相続人は自身の相続権利を侵されたとして遺留分減殺請求をすることが可能です。そうすることで、法律で定められている最低でも貰えるはずだった相続金を取り戻すことができます。その制度を知っておくことで無益なトラブルを避けられます。

遺産分割協議はどのような書類なのか

遺産相続が発生した場合に、相続人が1人の場合はその人が全ての相続を遺産することになりますが、相続人が複数人いる場合には、誰がどの遺産を相続するのかを決めていかなくてはいけません。

そこで相続人全員が参加する、遺産分割協議をおこないます。全員が内容に同意したら、相続の話はすぐに終わるのですが、どういった内容で合意したかを明らかにするために作成するのが、遺産分割協議書です。この書類を作成することによって、後からトラブルになることを防ぐこともできます。分割協議書を作成する場合には、必ず相続人が全員参加していることが前提となります。

遺産分割協議って一体なに?

遺産分割協議という言葉を聞いたことがありますか?一体こちらはどのような協議のことを指すのでしょうか?遺産相続において一番優先されるのは遺言書です。しかしいつでも遺言書が残っていると限りません。

もし遺言書が残っていなかった場合には権利のある人全員で遺産分割協議をして、誰がどの財産をもらい受けるのかということを話し合いするのです。その話合いのことを指します。こちらは相続権利のある人全員で行わなければならいため、最初に誰に遺産相続権利があるのかを把握しておかなければなりません。市役所に行くと調べることができます。

遺産分割協議の際にあると便利、財産目録

遺産分割協議の際にあると便利なのが財産目録と呼ばれるものです。こちらが一体何かというと故人が残していた財産を一覧にしてまとめたものです。こちらは自分たちでも作成することができますし、こちらだけ弁護士や司法書士にお任せしてもいいでしょう。

こちらがあると何が便利かというとどういったものを自分たちで分けていくのかをいうことを誰が見てもすぐにわかるという点です。また協議に参加している人が全員同じ書類を見て話しをした方が進んでいきやすいです。こちらにはマイナス遺産なども載せることができますので誰かが一人損をしたりすることがないようにすることができます。

遺産相続手続きには期限があります

相続は、両親が亡くなった場合に経験する手続きですが、人生の中で何度も体験する手続きではありません。そのため、遺産相続手続きをしようとした場合に、どのような行動をとれば良いのか、どの手続きから済ませれば良いのかわからない方がとても多いです。

手続きにはとても細かくタイムスケジュールが設定されているので、順序良く手続きをしていかないと間に合わない可能性もあります。少しでも期限を過ぎてしまうと、相続が上手くできなくなってしまう可能性があるので、注意が必要です。どの手続きからすれば良いのかわからない方は、弁護士などを利用すると便利です。

相続手続きにはどれくらい期間がかかるの?

相続手続きというのは全てが終了するまでに、どのくらいの期間がかかるものでしょうか?あまり長引いてしまっても困りますよね。まず7日以内にはひとまず死亡届を出さなければなりません。そこからすぐにお通夜や葬式の手続きに入ると思います。

実際に相続手続きをするのはその後からだと思うのですが遺言書が残っている場合にはそんなに難しいことがありません。ただその内容に沿って分配していけばいいだけなのですから、1週間もあればすぐに終わるでしょう。問題はもめてしまった時です。この場合にはもめている内容によりますが、3か月から長い人だと1年ほどかかる人もいます。

相続手続きを弁護士に依頼すると

相続手続きを自分達でするには様々な障害があるという場合にはやはり弁護士や司法書士に依頼してしまった方がいいと思うのですが、気になるのが一体いくらくらいかかるのかということです。

ただし相続手続きの場合には一人で支払いをするのではなく、相続権利を持っている人たちで割って支払うということもできますので他の案件に比べると一人あたりの支払金額はそこまで多くはないので忙しい人が多いのでしたら頼んでしまうのも一つの手でしょう。弁護士の場合には着手金と呼ばれる契約金の用な費用がかかるのが特徴です。全体の金額についてはいくらの相続の手続きをお願いするのかによって異なってきます。

遺言書作成のサポートもできる弁護士

法律家である弁護士と聞くと、法廷などで争っているようなイメージも数多くありますが、そのような業務のほかにも遺言書の作成をするような業務もあります。そのような業務に関しては一般の人には、あまり知られていないかも知れませんが、遺産相続の重要な部分になりますので、法律に則り手厚いサポートをしてくれています。

法律事務所によっては、遺言書などの遺産相続を得意にされている事務所もありますので、より良い遺言書作成のサポートをしてくれることでしょう。まずは、無料でおこなわれている相談会に参加してみるといいでしょう。

遺言書作成のポイント

死は誰にでも公平に訪れることです。死んでしまったあとに、自分の関係者に自分の思いを伝える重要な書類が遺言書となります。遺言書作成の方法には、公証役場で作成する公正証書遺言や秘密遺言、全文を自筆で書き作成日や押印をする自筆遺言の三種類があります。

遺言書はどの方式でも構わないのですが、案外と多いのが、財産を誰にあげる、お墓は誰に守ってもらう、遺言執行者は誰、といった財産の分け方の事務連絡的な遺言書です。でも、付言事項といって、財産の分け方だけでなく、相続人に自分の思いを書くこともできます。付言事項を活用して、ラブレターのような遺言書作成をしてはいかがでしょうか。

3種類の遺言書作成方法とその特徴について

遺言書作成の方法は民法で厳密に定められていますので、ただ自分の希望を思いつくままに羅列するだけでは無効となってしまいます。法律で定められた遺言書は3種類あります。「自筆証書遺言」は自作する遺言書で費用はかかりませんが、被相続人の死亡後に家庭裁判所の検認が必要です。

「公正証書遺言」は証人2人の立会いのもと作成し、公正証書として公証役場に保管されます。破棄や改ざんの心配がなく、死亡後の検認も不要です。「秘密証書遺言」は遺言者が書いた遺言書を封筒に入れて遺言書と同一印にて封をし、公証人に提出しますので内容を誰にも知られることがありません。

当サイトでは満足度が高い依頼を行うためのQ&Aを記載しております。

メニュー

税理士 遺産相続手続き 遺言書作成 遺留分って 遺産分割協議