満足度100%になるための税理士相談Q&A

遺留分については遺言書作成でも注意

日本で遺言書作成をするのは、全体の1割程度に過ぎません。これは、他の国と比較しても少ない方だと言えます。遺言書の内容がいかなるものであろうと、優先されるのが遺留分です。

遺留分に反する内容を遺言書に記載しても、配偶者などが請求すると願いが叶えられることがなくなります。ただし、配偶者などの保障される人から請求するのが条件です。

遺言書の作成についても、注意が必要です。全文を自筆でし、署名、押印、日付を忘れてはなりません。パソコンで作成すると簡単にできますが、偽造の心配がありますので認められていません。

弁護士に遺産相続、遺言書作成について相談する

世の中にはさまざまな法律家がいますが、その中でも弁護士の業務は多岐にわたり、民間人のトラブルを解決する身近な存在といえます。遺産相続についても、相談することができます。

遺産相続と聞くと限られた人たちのことに思えますが、最近では一般の家庭においても遺産相続はあるようです。現代では子どもがいない夫婦や二世帯住宅で暮らしている家族など、さまざまな生き方があり、ライフスタイルについても多様化されています。

そうした人たちにおいては、しっかりと遺言書作成をされているようです。遺言書にはさまざまなルールがありますので、専門にしている法律事務所に依頼するのが良いでしょう。

遺言書作成ってなんだか不安

自分が亡くなった時のこと何て考えたくもありません。しかしなくなった後の家族や親族の事を考えると、自分のことで争われるのは大変嫌なことです。争いがあるかもしれないと思ったら、自分の気持ちを分かって貰うため、遺言書作成をしておきましょう。

しかし、思いつきで簡単に書ける物ではありません。そんなときは、弁護士に代行してもらうのをおすすめします。メリットは色々あります。自分に適した種類の遺言書を作成してもらえる、万が一紛失しないように預けておける、ルールに適した遺言書を作成してもらえる等です。遺言書作成に自信のない方、不安な方は是非弁護士に依頼してみると良いでしょう。

遺言書作成を前にエンディングノートを書いてみよう

自分の死後、財産分与をめぐって親族が争わないように生前に意思を示す遺言書があります。いずれは書きたいと思っていても、何から始めればいいのか分からない人は、エンディングノートを書いてみるのがおすすめです。

エンディングノートは遺言書ではありませんが、財産のことだけでなく、自分自身のこと、家族への思いなどを書き出します。遺言書作成の足掛かりとなるだけでなく人生の振り返りにもなります。人生を振り返ることで、今後どのように生きていきたいかというビジョンも明確になるでしょう。エンディングノートは市販されているので、それらを参考に書いてみるのもいいです。

遺言書作成に於いて司法書士を雇うメリットとデメリット

遺言書を自分で作成する場合、法律にそっていなければ無効になる可能性も少なくないです。こういったケースを防げるのが司法書士のメリットと言えます。自筆証書遺言なら、司法書士が無効にならない書き方を詳しく教えてくれますので、問題なく遺言書が執行できます。

公正証書遺言であれば、必要書類を準備してくれたり、公証役場の間を請け負ってくれます。どちらにおいても、手間暇が減り負担が半減するため遺言書作成を考えている人にとっては助かることでしょう。デメリットとしては、それなりに費用がかかるくらいでしょうか?負担が減ることを考えれば、お金を惜しまず司法書士に頼むほうが便利でしょう。

大阪で遺産分割協議、遺留分、遺言書作成、相続手続きの相談なら

大阪弁護士会所属 弁護士たちばな総合法律事務所大阪

〒543-0001 大阪府大阪市天王寺区上本町6-6-26 上六光陽ビル2階

大阪市営地下鉄谷町九丁目駅 徒歩5分

近鉄大阪線大阪上本町駅駅 徒歩3分

受付時間:月~金/9:00~17:00
TEL:06-6770-7212

https://www.law-tachibana.jp/ 【HP】

遺言書作成関連