満足度100%になるための税理士相談Q&A

遺言書作成時に注意したい遺留分

さまざまなライフスタイルを謳歌するような人が増えていて、それぞれの人生を歩んでいることと思います。しかしながら、亡くなった後のことも、しっかりと考える必要があります。そうした人たちにおいては、遺言書作成をするケースが増えているようです。

遺言書を作成するにあたっては、さまざまな方式や遺留分などの決まりごとを守って遺言書を作成していく必要があります。万が一、そうしたさまざまな方式や遺留分などの決まりが守られていなければ、遺言書が無効になってしまうような可能性も出てきますので注意が必要になるでしょう。

遺言書作成時に気をつけなければいけない遺留分

遺言書の存在については、多くの人が知っていることと思います。しかしながら、肝心の遺言書の詳細まで知っている人は、実に少ないことでしょう。遺言書には特定の人に遺産がいかないように法律で定められている内容があります。

故人の親族の中には生活が苦しくなってしまうケースもありますので、避けるために最低限の相続が決められています。その内容である遺留分が正しく行使されていないのであれば、減殺請求をおこなうことで、法律で定められている遺産を受け取ることが可能になります。このような細かな内容がありますので、遺言書作成の場合には注意が必要になるでしょう。

遺言書作成時に遺留分を受け取れないことがわかった場合

遺言書作成時に、1名に遺産を渡すことを決めていた場合は、最終的に遺留分を受け取れないことを遺族が理解していたらいいですが、認めないという人も出てくる可能性があります。

遺言書作成の段階で、多くの人が遺産を受け取れないような状況に変わっているのであれば、書き直すことも検討してみてください。すでに弁護士に見せて、効果的な遺言書と認められているのであれば、もう一度書き直したいことを話して、理由についても告げておくと良いでしょう。理由はできるだけ明確化することで、弁護士は書き直しに必要な対応を教えてくれます。

大阪で遺産分割協議、遺留分、遺言書作成、相続手続きの相談なら

大阪弁護士会所属 弁護士たちばな総合法律事務所大阪

〒543-0001 大阪府大阪市天王寺区上本町6-6-26 上六光陽ビル2階

大阪市営地下鉄谷町九丁目駅 徒歩5分

近鉄大阪線大阪上本町駅駅 徒歩3分

受付時間:月~金/9:00~17:00
TEL:06-6770-7212

https://www.law-tachibana.jp/ 【HP】

遺言書作成関連